声のプロとアスリートのためのサプリメント。ヒトの粘膜から見えてくることがあります。

健康対談:吉川美代子女史に聞く

今日は、毎週日曜朝8時50分から放送のTBSラジオ『Dr.松永の聞こえるクリニック』で私のパートナーをつとめていただいているアナウンサーの吉川美代子さんに、PureMedの開発ドクターでもある私Dr.松永が、美容と健康のことなどについて伺ってみました。(以下、敬称略)

Dr.松永
吉川さんはいつお会いしても若々しく溌剌とされてらっしゃいますが、ご自身の健康や美容のためにやっていることや、気をつけてらっしゃることはありますか?
吉川
そうですね。いちばん気をつけているのは食事です。こういう仕事をしていますから出張も多いですし、夜遅くなってしまうこともありますが、家にいるときはできるだけ自分でバランスの良い食事を作るようにしています。
Dr.松永
忙しいお仕事なのに自分で食事を作られるっていうのは素晴らしいですね。
私が思うに、アナウンサーというのはテレビにご出演されたり、常に人から注目されるお仕事だと思うのですが、人に見られる、ということで何か気を配ってらっしゃることはありますか?
吉川
いいえ、それはとくにありませんね。女性としてごく当たり前のことをやっているだけだと思いますよ。たとえば、どんなに夜遅く帰っても化粧は落として寝る、だとか、きちんと肌のお手入れをするとか、乾燥しているときは強力な保湿クリームを使うとか、コラーゲンを飲むとか。
Dr.松永
いまコラーゲン、とおっしゃいましたが、吉川さんは日常的にサプリメントを飲んでおられるんですか?
吉川
出張先だったりするとついうっかり忘れてしまうことも多いので毎日必ず、というわけではありませんが、飲んでいます。分包タイプのコラーゲンだとどこにでも持ち歩けるので、そういうものの方が便利ですね。ビンに入った液体のものより重くありませんし。
Dr.松永
女性は荷物が多いですからね。
では、ふだん食事のバランスに気を遣っている吉川さんが、日々の食生活では足りない、サプリメントが必要だと感じられるときはどんなときでしょう?
吉川
やっぱり肌の調子が悪いときや、疲れているときかな。とくに肌の調子が悪いときは忘れずに続けて飲むようにしています。
Dr.松永
サプリメントを飲まれる時間帯としてはいつが多いですか?
吉川
たいてい寝る前30分前です。
Dr.松永
なるほど。それはいいですね。人の身体は眠っている間にその日一日の心身の疲労回復や壊れた細胞の修復なんかをやっているので、その時間帯にあわせて寝る前にサプリメントを飲む、というのはとてもいいと思います。
先ほどコラーゲンをよくお飲みになるということでしたけれど、飲んだときと飲まないときでは何か違いを感じてらっしゃいますか?
吉川
この時期は大気が乾燥している時期ですけれど、コラーゲンを飲むようになって冬でも肌が乾燥しなくなりましたね。それと、喉がヒリヒリしているときなんかにいつもの倍、2袋飲んで寝ると、翌朝効果を感じます。喉がしっとり、潤ってる感じ。
Dr.松永
プロのアナウンサーにとって、喉と声はもっとも大事な仕事道具ですもんね!
お肌の調子だけじゃなく、喉の調子がいいと気分も上がりますよね。
ではズバリ、吉川さんにとって「もし、こんなサプリメントがあったら絶対愛用するのに!」というような理想のサプリメントがありましたらお教えください。
吉川
飲むだけで疲労回復できるサプリメント、かしら。
Dr.松永
なるほど。それはほんとうにお疲れ様です!(笑)
では最後に、働く女性の代表として、女性がいつまでも若々しく、美しくあるために何かアドバイスがありましたら一言いただけないでしょうか?
吉川
そうですね。まず一番に身体を冷やさないようにすること。
若い人はファッション優先で、寒い季節でもつい薄着になりがちだと思うんですが、身体を冷やしていいこと何もないですよね。それと一緒に食事をして思うのは、若い子はスタイルを気にしてダイエットダイエットでほんとに食べない。食が細いから身体もガリガリに痩せていて、体力もない。それじゃ、いい仕事できませんよね。
やっぱり最初にいったように、バランスのいい食事をするのがとても大事だと思います。
Dr.松永
同感です! 私も常に医食同源を根本において患者さんにお話しさせていただいています。毎日、できるだけ規則正しく、バランスのよい食事を腹八分目でとる。食べ過ぎも食べなさすぎもだめ。でもこれが、忙しいとなかなか難しいんですよね。でもそんな毎日の食事で足りないところをサプリメントで上手に補う、というのも、ひとつの有効な方法だと思います。
吉川さん、今日はほんとうにお忙しいところをいろいろと質問に答えていただきありがとうございました。これからも吉川さんの美声と才気煥発なアドリブで、楽しい番組づくりにご協力どうぞよろしくお願いいたします。
吉川
いいえ、こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
Topへ