声のプロとアスリートのためのサプリメント。ヒトの粘膜から見えてくることがあります。

今月のキーワード『お茶』

5月2日は八十八夜。
昔から八十八夜に手で摘んだ新茶はとても上等で高価なものとされ、この日は歌の歌詞にもなっているほど茶摘みの日として有名です。それというのも、この時期のお茶の新芽には、前年の秋から冬のあいだに蓄えられた『うまみ』のもとであるテアニンなどの成分が、二番茶以降のお茶より豊富に含まれているからです。
ところで皆さんは、緑茶に代表される日本茶も紅茶もウーロン茶も、加工法が違うだけですべて同じツバキ科の『茶葉』から作られていることをご存知ですか?
そんな同じ茶葉を使ったお茶から、国内外の様々なハーブティーまで。
お茶のおいしい今月は『お茶』をキーワードに、お茶が持つ様々な有効成分やその効果、じょうずなお茶の飲み方などを、お茶が大好きな開発ドクターから伺いました。
これから暑さに向けて水分補給が欠かせない季節。
お茶を上手に利用して、毎日のリラックスタイムを豊かに、そして健康にお過ごしください。


最近、よくカテキンという言葉を耳にされることも多いと思います。このカテキン、『菌に勝つ』という意味合いで名づけられたことをご存知の方もいらっしゃると思いますが、単に菌に勝つという殺菌作用だけでなく、抗酸化作用、脂肪燃焼作用なども明らかになり、ますますお茶の効果というものが広く知れ渡ることになってきました。

ところが、このカテキンを含む緑茶にはカテキン以外の物質もいろいろ含まれていて、なかでもカフェインが意外と多いことがあげられます。カフェインといえばコーヒーじゃないの、と思われる方もいらっしゃると思いますが、お茶の中でも玉露になるとコーヒー以上にカフェインが含まれ、緑茶や紅茶でもカフェインはそれなりの量、含まれているのです。
緑茶や紅茶にはカフェインとくっつく『タンニン』という苦み成分が多いので、実際、身体の中で働くカフェインはコーヒーよりも少ないのですが、それでもけしてカフェインの効果が少ないというわけではありません。

そして、これらのお茶を1日5杯以上飲んでいるとカフェイン依存傾向が強くなり、お茶がないとだめ、というような、軽いカフェイン中毒にも陥りかねません。
カフェインには脳の覚醒効果や利尿作用、気管拡張作用など様々な効果がある反面、胃壁を荒らしてしまったり、交感神経を刺激するために自律神経失調に陥りやすくなったり、また強力な利尿作用のために返って身体が脱水状態になり、この脱水を予防するための身体の防御反応から浮腫みをきたすこともあります。
そして、これは妊婦さんには覚えておいていただきたいことなのですが、カフェインには血管収縮効果があるために、母体が摂取したカフェインにより胎児は低酸素状態になりやすくなり、発育障害の可能性を高めてしまうこともあります。また、カフェインには鉄や亜鉛やカルシウムなどのミネラルを体内に吸収するのを阻害してしまう作用がありますので、食事中や食後すぐにお茶やコーヒーを飲むのはやめて、少なくとも食後15分くらいはあけて飲むようにしましょう。(サプリメントなども同じです。)ふだんから貧血気味の方は特に注意が必要です。もし、どうしても食後にコーヒーが飲みたいというなら、カフェインレスコーヒー(デカフェコーヒー)がいいと思います。

上手にとればそれなりに効果のあるカフェインですが、『過ぎたるは及ばざるがごとし』の言葉のとおり、摂り過ぎればカフェイン依存症にもなりかねません。成人が1日に摂ってもいいカフェインの量は300~400㎎といわれ、たとえばそれは珈琲豆をドリップしてコーヒーを飲んでいる人なら、1杯150mlとしてカフェイン含有量約100㎎ですから、大きめのカップで3杯も飲んだら軽く達してしまう数値です。毎日コーヒーを5杯は飲んでいるという人は注意が必要です。せいぜい1日に2杯程度に抑えましょう。

そこで私がおすすめするのはノンカフェインのお茶なのですが、日本人にとってのノンカフェインといったらやっぱり麦茶やハトムギ茶が有名ですね。
しかし、麦系のお茶は身体を冷やすことで有名ですし、また麦やハトムギという植物は育った場所が非常に重要になります。というのは、これらの植物は地面の有害物質などを吸い上げる性質があるため、化学肥料や農薬で荒れてしまった畑をよみがえらせるのによく植えられるからです。ですので、せっかくのティータイムで飲んだお茶から有害物質を身体の中に取りこまないためにも、麦茶やハトムギ茶を買うときは『無農薬の麦100%』とか『有機栽培ハトムギ100%』という表示のあるものを選んだほうが賢明です。

そして、いまや様々な種類があるハーブティーですが、そのなかでも私が最もおすすめするのは『ルイボスティー』です。
原産地の南アフリカでは300年もの昔から不老長寿のお茶として飲み続けられているルイボスティーは、ノンカフェインで赤ちゃんや幼児にも安心して飲ませることができ、健康にも美容にも効果が高いということから、最近では特に女性を中心に注目が集まっています。よく、アフリカのような暑いところでとられるお茶だから身体を冷やすのではないかといわれますが、アフリカでも夜は冷える高地で栽培されることから、そこまで体を冷やすものではないようです。
そんないま注目の『ルイボスティー』の驚くべき効能には次のようなことがあります。

1. アンチエイジング効果・抗アレルギー効果

ルイボスティーには、活性酸素を除去する『SOD様酵素』が多く含まれているためシミ・ソバカスなどの肌の老化に関係する活性酸素を取り除くことでアンチエイジングに効果的といわれ、また同じ物質がアレルギーにも効果的といわれています。

2. 整腸効果・ダイエット効果

ルイボスティーには腸内環境を良くし、悪玉菌や毒素といったものをデトックスしてくれる効果があり、善玉菌が腸の動きを活発にすることでダイエット効果も期待できます。

3. 夏バテ防止効果

質の良いルイボスティーはミネラルが豊富でナトリウムイオンのバランスが優れており、汗で失う体内塩分の補給につながって、夏バテ・熱中症予防に最適です。

4. 安眠効果

ルイボスティーにはストレスを抑制し、脳の興奮を抑える作用があります。ノンカフェインなので、就寝前の睡眠誘導にも効果的です。

5. 二日酔いの解消

ルイボスティーに含まれるミネラルやプロテインが、肝臓の働きを助け、二日酔いを防止してくれる効能があります。

6.不妊治療に期待のお茶

ルイボスティーはノンカフェインなので、日頃のカフェイン摂取を抑えることができ、妊娠しやすい体になります。また、 ルイボスティーに含まれるミネラル(亜鉛、カリウム、マンガン)は生殖器官の発達、生殖能力の維持に欠かせないミネラルですし、同じくルイボスティーに含まれるポリフェノールは活性酸素の増加を防ぎ、卵子の老化を食いとめ、妊娠しやすい状態にしてくれるといわれています。

ルイボスティーだけでは少し癖があって飲みにくいという方も、ジンジャーやレモン、はちみつなどを混ぜて夏はアイスティーにすると飲みやすいかもしれません。
私のおすすめはルイボスティーにミントを入れたルイボスミントティーです。
ぜひ、ご自分の好みでいろいろ試してみてください。

さて、ここまでお茶についていろいろ書いてきましたが、お茶の時間というのはお茶の効果以上に一日の中でホッとくつろげるリラックスタイムであったり、仕事や雑事で疲れた心身をリセットするための大切な時間であったりしますよね。
そんなときに、よりよいお茶で水分補給とともにエネルギーチャージして、これからの暑い季節を元気に乗り切っていただけたらと思います。

そして、水分補給とともに新たな美容習慣、ということでは、スリープタイムコラーゲンもおすすめです。冷たいお水にサッと溶け、ほのかなグレープフルーツ味は就寝前でも違和感なくお飲みいただけます。コラーゲンは夏の紫外線でダメージを受けたお肌だけではなく、喉や声帯を潤し、身体じゅうのなめらかさを保つのにも必要な成分です。

Topへ