声のプロとアスリートのためのサプリメント。ヒトの粘膜から見えてくることがあります。

今月のキーワード『デトックス』

春は地球に生きとし生けるものすべてが目覚める季節です。
それは冬眠をしない人間にとっても同じことで、日に日に気温が上昇して暖かくなってくる今の季節はエネルギーが活発になり、心身ともに活動的になってゆきます。そして春は、冬のあいだ寒さから守るために体内に溜め込んだ栄養素と同時に、溜まってしまった毒素を排出するのに最適な季節です。この時期スーパーの野菜売り場に、たらの芽、ふきのとう、菜の花、といった旬の春野菜が目立つようになるのは、それらの春野菜に含まれる苦味成分こそがデトックスに一役買ってくれるからです。昔から日本人はそういったことを知恵というより感覚的に知っていました。
昔と違って現代人は、PM2.5や黄砂などに代表される大気汚染物質や、食品に含まれる残留農薬や大量の食品添加物といった様々な有害化学物質の毒にさらされて生きています。現代人は必要な栄養素をきちんと摂ることよりまず先に、身体から毒素排出=デトックスをすることが必要な時代です。それは汚れた土壌に種を撒いていくら肥料をやったところでまともな植物が育たないことと同じです。
大病をするには至らないまでも、日常的に私たちを悩ます頭痛や肩こり、むくみや便秘、慢性的なだるさや眠さ、花粉症などのアレルギーのほとんどは、体内に溜まった毒素が原因だといわれています。
今月は、そんな身体に溜まった毒素を排出するための『デトックス』がキーワードです。
本格的に暑くなる前のこの時期にすっきりデトックスして、アクティブな季節を爽やかに迎えましょう!


私たちの身のまわりに存在する様々な毒

一口に毒といっても、毒には様々なものがあります。
煙草の煙や排気ガス、アレルギーの原因物質である花粉。空から降ってくる紫外線や大気汚染物質。土壌に含まれるダイオキシンやカドミウム、水や食べものに含まれる有害ミネラルや環境ホルモン、食肉や養殖魚の餌に混ぜられた抗生物質や食品添加物、そして日常的に何気なく摂っていて、ほとんど何にでも入っている砂糖まで。
現代に生きる私たちは、ただ普通に暮らしているだけで皮膚や呼吸、飲食などから様々な毒を体内に取り込み、溜め込んでしまっています。さらには今はそれにPM2.5や黄砂、放射能の問題といった深刻な問題も抱えています。
そこに不規則なライフスタイルや偏った食事、ストレスなどが加わると腸内細菌のバランスが崩れ、ますます老廃物を溜め込むことになり、結果として未病といわれる病気以前の不調から、本物の病気にまで至るようなことになってしまいます。
本来、人間には有害物質を体外に排出する機能があるのですが、その割合は以下のようになっています。

●便 ・・・・・・ 75% 有害物質のほとんどは便と一緒に排出される。
ただし、便秘の人は体内に毒素が長く留まるために、
血液から身体に吸収されてしまう。
●尿 ・・・・・・ 20%
血液が心臓内を循環するときに必要なものと有害物質に振り分けられ
不必要なものは余分な水分と一緒に尿として排出される。
●汗 ・・・・・・ 3%
運動をしなくても人は一日に1リットルの汗をかきます。
●髪 ・・・・・・ 1%
●爪 ・・・・・・ 1%

さて、ここからは上記のことをふまえて効率的なデトックスについて、もっともシンプルな方法をあげてみましょう。

効率的なデトックスの方法
1.玄米と野菜中心の食事でデトックス

玄米と野菜にはたくさんの栄養素が含まれるだけでなく、豊富な食物繊維は腸内の掃除をしてくれます。とくに玄米はフィチン酸やイノシトールといった成分による排泄作用によって、白米より有害物質を体外に排出する率が高いことがわかっています。逆に牛や豚といった哺乳類の肉をたくさん摂ると酸素やビタミン・ミネラルの不足となり、有害物質が体内に残りやすくなり、腸に溜まると腐敗して悪玉菌を増やします。
また肉は消化にたくさんの酵素を必要とするため肝臓が疲労しやすくなり、機能低下を招くことから血が汚れやすくなります。
いまは普通の炊飯器でも炊ける玄米や発芽玄米などもありますので、毎日は無理でもときどき意識的に取り入れてみるのもよいでしょう。

2.水分補給でデトックス

水は細胞の隅々まで栄養を運んでくれるだけでなく、余分なものを排出するのに欠かせないものです。水には『軟水』と『硬水』がありますが、水を飲んで意識的にデトックスをするなら、有害物質を排除する作用のあるカルシウムイオンやマグネシウムを豊富に含んだ『硬水』がおすすめ。ただし、水の飲み過ぎは返って腎臓に負担をかけるので、飲む水分量は自分の体重㎏×30倍を目安に常温で一気に飲まずに少しづつ。
そして、それとは別にデトックス効果のある温かいハーブティーや中国茶などを飲むのもおすすめです。お茶には様々なデトックス効果があるだけでなく、リラックス効果や肌の新陳代謝促進、ゆううつな症状を緩和する作用などもあるので、その日の気分で楽しみながら続けられますね。

3.汗をかいてデトックス

たとえば1日テニスの試合をしていて最初の頃かく汗がベタベタして匂いのする汗だとすると、何度も試合をしているうちにしだいにかく汗の質が変わってきて、最後には無臭でサラサラの汗になるのがわかります。つまり、大量の汗をかくことで体内の毒素が出きった状態がそれというわけですが、普通の人がそこまで運動するのはなかなか難しいこと。そこで同じ汗をかくにしてもリラックス状態のほうがより毒素が抜けやすいということから、岩盤浴がおすすめ。
岩盤浴ではラクに大量の汗がかけるのと同時に、遠赤外線とマイナスイオン効果で血がサラサラになります。また身体の芯からしっかり温まるため、新陳代謝も良くなって、デトックス効果も大幅にアップします。
岩盤浴に行けないという方は、家のお風呂で水分補給しながら長めの足浴や半身浴を。その際、飲む水をガス入りミネラルウォーターにすると新陳代謝がアップします。また、お湯に自分の症状に合った精油や好みの精油を垂らしてアロマバスにすると、 リラックス作用とともにデトックス効果も高まります。
運動という観点からは、朝晩15分程度の早足ウォーキングとか、家でかるく汗をかく程度の身体をほぐす体操をするなどを習慣にできたらさらにいいでしょう。

4.砂糖を抜くシュガー・デトックス

砂糖がいかに中毒性が強く、カロリーだけあって栄養素のない食品添加物であるかというのは以前のキーワード『糖分』でも詳しく説明しましたが、甘いものを食べる習慣がない、あるいは自分はお酒が好きな辛党だから関係ない、という方でもぜんぜん無関係ではありません。お砂糖はふだん日常的に食べている市販のパンや、サラダやソースやドレッシングといった調味料、そばつゆ、ソーセージやハム、市販のパスタソースやレトルト食品といった加工食品など、実にありとあらゆるものに入っています。
フルーツジュースなどにはもちろん、アルコールにも大量に砂糖が含まれていますから、いくらお酒を飲んで塩辛いものを食べているからといっても結果は同じです。
これら、パッと見て砂糖が入っているかどうかわからないものも含めて砂糖抜きをするのは難しいことのように思えますが、シンプルに書くとこのようなことです。

  • 甘いものを食べない(甘い飲みものを飲まない)
  • 飲みものに砂糖を加えない
  • 料理に砂糖を使わない
  • インスタント食品や加工食品は買わない
  • 調味料はできるだけ昔ながらの製法で作られた有機のものや果汁などを使ってシンプルな味付けにする
  • 食品はラベルを見て買うことを習慣にする
  • アルコールはほどほどに
  • デザートはスイーツの代わりにフルーツを

そして、甘いものが食べたくなったらかわりにほうじ茶、ハーブティーなどの水分をとるとか、どうしても砂糖が必要な場合は精製度、GI値が低く、ミネラルが豊富な砂糖を少量使うなどの工夫をしましょう。またGI値が高い食品を食べるときには、GI値を下げる効果のある酢や食物繊維や豆類などを合せて摂るようにするといいです。
シュガー・デトックスを続けるとダイエット効果で身体が軽くなるばかりではなく頭がすっきりする、アトピーや皮膚炎がよくなる、肌がきれいになる、口内炎や舌炎になりにくくなる、低血糖症の改善や糖尿病のコントロールができる、精神状態が安定するなど様々なメリットがあります。

5.断食でデトックス

究極のデトックス法は食べないこと、断食するのが1番です。
まず食べるのをやめることでふだん働きづめに働いている消化器官を休めることができます。疲労した消化器官は働きが弱くなって老廃物を溜めやすくなっているので、
少しのあいだ食べずに休ませることで機能を上げてデトックス効果を高めることができます。また、外からカロリーが入ってこないことで身体は体内の蓄積エネルギーを消費せざるを得なくなりますから、体内脂肪が燃やされ、同時に毒素も燃焼されていきます。一般的な断食では水分だけはたっぷり摂っていいため、毒素排出はますますスムースになります。
家で自分で行う断食には水だけを飲む方法のほか、砂糖や添加物の入っていないフルーツジュースや野菜ジュースも飲んでいいやり方、また寝かせ玄米だけならいくらでも食べてもいい断食など、いろいろあります。なんどか試して自分に一番合った方法を見つけるのも手です。どこにも行く予定のない休日などに、無理のない程度で試してみてはいかがでしょうか?

そして、上記のようなことをする以前に、食材は50度洗いなどの下処理をよくしてから調理する、食事は腹八分目を目安として食べ過ぎないように、一口最低30回以上よく噛んで食べる、口呼吸をしない、外出時にはマスクをして、帰ったらうがい、手洗いをするなどを習慣化して、有害物質を物理的に体内に取り込まない工夫、また自身の免疫を活性化することが必要です。

さて、最後に余談ながら、日照時間の少ない北欧などでは月のリズムで暮らすことを大事にしていて、満月には浄化作用が高まることから、満月の日に髪を切るのが習わしだそうです。それもまたデトックスですね。

そしてPureMed ではデトックスに役立つ、また上記に挙げたようなデトックス法をサポートするためのサプリメントとして、脂肪を燃焼して肝臓の解毒作用を高めるアルファリポ酸や、有害物質をキレートする作用のあるマルチビタミン・ミネラル、とZMA、腸内を掃除して肝機能を上げてくれるダイエタリーファイバー、腸内の常在菌を増やして腸内環境を良くしてくれるラクティス、またキレート作用ととともにデトックス中のストレスを緩和してくれるビタミンCチュアブルなど、各種取り揃えております。
あなたのキレイな身体づくりにどうぞお役立てください。

 

 

Topへ