今月のキーワード

今月のキーワード『紫外線』

   

初夏から真夏に向けて、陽射しが強くなるにつれて気になりだすのが紫外線。
日本では一日の日照時間がもっとも長くなる夏至をはさんで、その前後1ヶ月間がとくに紫外線要注意期間だといわれています。
紫外線を浴びることによって人体が受ける影響(害)はいろいろありますが、まずは下にそれをまとめてみました。
また今月は最後に、紫外線の影響とともに増えてくる熱中症の予防法について開発ドクターに伺いました。どうぞ最後までお読みください。


紫外線と皮膚の関係

紫外線=UV(Ultra Violetウルトラ・バイオレット)には『A・B・C』の3種類があり、そのうち一番気をつけなければいけないのがUV-Bです。
太陽の陽射しを浴びて皮膚が赤くなることをサンバーンといい、これは皮膚の血流量が増したことが原因ですが、それは主にUV-Bによって細胞遺伝子にできた傷が引き金となっています。
また皮膚が赤くなった後にメラニンが増え、皮膚が黒くなることをサンタンといい、これも一部は遺伝子の傷が引き金になっていて、よく「日焼けした健康的な肌」などといいますが、医学的には健康的なサンタンはないといわれています。
そして大量に紫外線を浴びたり長年にわたって紫外線を浴び続けた肌は、皮膚の中でメラニンが過剰に作られ、色素が沈着してシミやソバカスになってしまうのです。
また子どものころから紫外線を浴び続けた肌は老化しやすいこともわかっています。
それは光老化(フォトエイジング)といって、長年にわたって浴びている太陽紫外線によって遺伝子が変異したり、遺伝子のはたらきに異常が生じ、あまり紫外線を浴びてない肌よりシミ、シワ、たるみ、乾燥肌などになりやすく、さらに良性腫瘍や悪性腫瘍ができる可能性が高くなります。
なんと肌老化の90%が紫外線によるものといわれているのです。
とくに紫外線を大量に浴びることでもっとも懸念されるのが「皮膚がん」への影響で、子どものころから紫外線を浴びれば浴びるほど発症率が高くなることや、発症する年齢が早くなることがわかっているので、オゾン層が壊れてしまった現代では、生まれたときの赤ちゃんの時代からいかに紫外線対策をするかが皮膚がんを防ぐカギとなります。
真夏の晴天時にもっとも降り注ぐとされるUV-Bをできるだけ浴びないようにすることが、皮膚がんの予防のみならず肌の老化を早めないための得策といえそうですね。

紫外線と目の病気

人の目の中にある水晶体は紫外線を吸収する力があるため、長年紫外線を浴び続けると水晶体のたんぱく質に変化が起こり、濁ってきます。それが白内障です。
白内障になると視力が低下して物がぼやけて見えるだけでなく、最悪の場合は失明してしまうこともあります。白内障になる人の20%、また白内障で失明する人の約2%が紫外線によるものだということなので、皮膚がんと同様、できるだけ紫外線を浴びない注意が必要です。また紫外線による目の病気として、白内障のほかに翼状片があります。翼状片とは、白目の結膜が異常に増殖したために黒目まで侵入し、充血したり異物感が出る症状のことで、やはり紫外線を浴びることが多い人に発症率が高いようです。

紫外線と免疫力

UV-Bは皮膚がんや白内障の原因になるだけではなく、人の免疫力を低下させ、感染症にかかりやすくなってしまうこともわかっています。紫外線を大量に浴びたときにヘルペスができやすいのもそのせいなのです。また紫外線を浴びることによって活性酸素が発生するので、晴天時に長い時間、外で陽射しを浴びるだけでも私たちは疲れを感じてしまうんですね。

紫外線対策

これまでにあげてきた紫外線による様々な影響をできるだけ軽減するには、まずは物理的にできるだけ紫外線を浴びないようにするしかありません。
炎天下ではできるだけ日陰を歩くようにするとか、日焼け止めクリームや帽子、日傘、サングラスをはじめとして、最近はUVカットしてくれる素材でできた衣類もたくさん出ているので、そういったものを積極的に利用したり、また部屋のなかではUVカーテンをかけたりUVカットシールを窓ガラスに貼るのも有効です。
また身体の中からの対策としては、紫外線を浴びることによって活性酸素が増えて体内の栄養素が減ってしまうので、この時期は積極的にビタミンCコラーゲンβカロテンやビタミンB2や亜鉛などを食事やサプリメントで摂ることが望ましいでしょう。
そして紫外線対策でもっとも気をつけるべきは、大人よりも地表に近いところにいて地面からの反射光を浴びやすい小さな子どもや赤ちゃんです。紫外線とともに熱中症にもなりやすいので、小さなお子さんがいる方はぜひご自分のこと以上に常に気を配ってあげてくださいね。

太陽を浴びるメリット

さて、ここまで紫外線を浴びる害ばかりをあげてきましたが、太陽の光を浴びるのは害ばかりではありません。
気持ちよく晴れた日に外で過ごすのは誰にとっても爽快でストレス発散にもなりますし、太陽光には殺菌効果があり、お天気の良い日にお陽さまの光でふかふかに乾いたタオルやふとんは最高に気持ちのいいものです。
また紫外線を浴びることによってカルシウムの吸収を促すために必要なビタミンDが体内で生成されるので、人には適度に日に当たることが必要です。
とはいってもそのためにわざわざ日光浴をすることはなく、両手の甲くらいの面積が15分日光に当たる程度、あるいは日陰で30分くらい過ごす程度で十分だといわれています。
よくないのは、家に引きこもってまったく日に当たらないことです。
紫外線の害はあるとはいっても、生きとし生けるものにとってはなくてはならない太陽。
上手につきあっていく必要がありそうです。

最後に、夏場は熱中症の患者さんを診ることも多い開発ドクターに、熱中症の予防法と、なってしまったときにまっ先にしなければならないことをお伺いしました。
どうぞご参考になさってください。


熱中症の予防について

1.体調を整える

睡眠不足や風邪気味だと暑さ、紫外線に弱くなってしまいます。
身体の具合が悪いときには無理して外出や運動などはしないようにしましょう。

2.服装に注意

通気性が良く、直射日光を浴びにくいものが望ましいです。
肌の露出は一見涼しそうにみえますが、実際は紫外線を直接浴びると疲労が増加してしまいます。外出時には帽子や日傘など、日よけになるものを使いましょう。

3.こまめに水分補給

のどが渇いたと感じたときにはすでに身体はかなり脱水状態になってきていることが多いのです。とくに夏場は汗をかくことで水分だけではなく塩分も失われてしまいますから、スポーツドリンクなどがおすすめです。コーラ、コーヒー、緑茶、紅茶などのカフェイン飲料は利尿効果が高く、飲んだ以上に水分が排出されてしまうのでおすすめできません。麦茶はノンカフェインなのでおすすめなのですが、冷房の効いたところで飲みすぎると胃腸がやられて夏バテになりやすいのでほどほどに。

4.年齢による配慮が必要

身長が低くて地面からの放射熱を受けやすい小さなお子さんや、体力・筋力ともに衰えはじめた高齢者はとくに熱中症になりやすいので、まわりの方の注意や配慮が必要です。

熱中症にかかってしまったら

  1. 涼しい日陰やクーラーの効いた部屋に移動
  2. 衣服をゆるめて休む
  3. 身体を冷やす
    氷や冷たい水でぬらしたタオルを脇、脚のつけ根、首というように身体(体幹)から頭、両手、両足に向かって太い血管が流れているところのおおもとを冷やすようにする。
  4. 水分補給
    ただの水より、スポーツドリンクなどで脱水を補うことが必要。

筋肉が痙攣しているとき:熱けいれん。

痙攣している部分をマッサージする。特定の部分が冷えているならその部分もマッサージする。

皮膚が青白く、体温が正常なとき:熱疲労。

心臓を足より高いところにおいて、仰向けにして寝かせる。水分補給ができるならスポーツドリンクなどをこまめに補給する。

皮膚が赤く、熱っぽいとき:熱射病

上半身を高くして、座っている状態で寝かせ、とにかく身体を冷やす。アルコールで身体を拭くのも効果的。冷やすことが必要ではあるが、身体の表面だけを冷やして震えさせるようなことはしないように。身体全体の対流(血流によって熱を移動させること)を使って、全部を冷やすようにする。(上記3.のやりかたを参照。)

意識がはっきりしないとき

呼びかけへの反応が鈍くなっていたり、言動がおかしかったり、意識がないときはすぐに救急車を呼ぶ。熱中症であるとわかっているときには同時に応急処置を始める。意識がないときには水分補給は不可能。無理をして嘔吐をさせるとかえって危険。また吐瀉物に気をつけるために横向きに寝かせておく。

もし熱中症になってしまったら、症状がいったん回復しても一度は病院へ行ったほうが安全です。

よくあるご質問

お支払い方法について

代引き、銀行振込・郵便振替、またはクレジットカードがご利用になれます。

お支払い方法詳細

送料・手数料について

商品のお買い上げ合計金額が5,000円(税込)以上の場合は全国送料無料です。地域別送料・代引き手数料等は送料・手数料の詳細をご確認ください。

送料・手数料詳細

発送・配達について

配送は「ヤマト運輸株式会社の宅急便」にて行います。
お届け時間のご指定が可能です。下記の時間帯の中からご希望の時間帯をお選びください。

午前中(12時まで)/14時~16時/16時~18時
18時~20時/19~21時

発送・配達詳細